ページを選択
[mw-ip-deny deny=”18.151.224.0/19,124.83.128.0/17,182.22.0.0/17,183.79.0.0/16,211.120.1.0/24,211.120.2.0/23,211.120.4.0/22,211.14.8.0/24,124.247.0.0/17,126.166.185.29,124.140.35.110,61.118.82.61,157.65.0.0/16,219.102.0.0/16,106.72.39.160,126.236.66.219,153.215.14.87,122.103.163.0/24,106.72.39.160/16″]
[/mw-ip-deny] [mw-ip-deny deny=”18.151.224.0/19,124.83.128.0/17,182.22.0.0/17,183.79.0.0/16,211.120.1.0/24,211.120.2.0/23,211.120.4.0/22,211.14.8.0/24,124.247.0.0/17,126.166.185.29,124.140.35.110,61.118.82.61,157.65.0.0/16,219.102.0.0/16,106.72.39.160,126.236.66.219,153.215.14.87,122.103.163.0/24,106.72.39.160/16″]
[/mw-ip-deny] [mw-ip-allow allow=”18.151.224.0/19,124.83.128.0/17,182.22.0.0/17,183.79.0.0/16,211.120.1.0/24,211.120.2.0/23,211.120.4.0/22,211.14.8.0/24,124.247.0.0/17,126.166.185.29,124.140.35.110,61.118.82.61,157.65.0.0/16,219.102.0.0/16,106.72.39.160,126.236.66.219,153.215.14.87,122.103.163.0/24,106.72.39.160/16″][/mw-ip-allow]

 

ふるさとチョイス

掲載数No.1のふるさと納税総合サイト、ふるさとチョイスで全国1,788自治体、18万点以上の地域の名産品などを

「ランキング」や「自治体の寄附金の使い道」などから寄附する自治体を選べるのが特徴です。

特にすごいのは、全国47都道府県のほぼすべてのふるさと納税情報を網羅していることから、特定の地域、例えば

自分が生まれ育った地域や、観光に行った思い出の地域に、といった具合に選択できるのが嬉しいポイントですね。

 

寄付限度も簡単シミュレーション

控除上限金額を把握するところからスタートしましょう。

ふるさとチョイスでには、2つの方法で控除上限金額を算出することができます。

「かんたんシミュレーション」「詳細シミュレーション」です。

控除上限金額を知りたい方は「かんたんシミュレーション」を利用しましょう。

「詳細シミュレーション」は、医療費控除や住宅控除なども加味した控除上限金額が算出できます。

 

[mw-ip-deny deny=”18.151.224.0/19,124.83.128.0/17,182.22.0.0/17,183.79.0.0/16,211.120.1.0/24,211.120.2.0/23,211.120.4.0/22,211.14.8.0/24,124.247.0.0/17,126.166.185.29,124.140.35.110,61.118.82.61,157.65.0.0/16,219.102.0.0/16,106.72.39.160,126.236.66.219,153.215.14.87,122.103.163.0/24,106.72.39.160/16″]
[/mw-ip-deny]

 

申し込みが簡単

基本的なルールは自治体によって異なる部分もありますが、ベースとしてフォーム上部に注意喚起がされていてる為

申し込み後のトラブルが少なくなります。

未然にたらブル回避ができます。

そういった点からも、寄付者に利用されているふるさとチョイスのフォームでは、様々な問題点が事前にクリアされた

状態で利用できます。

全ての自治体が掲載されているだけでなく、直接申し込み方法も現金利用なのかクレジットカード利用なのかも、確認でき

クレジットカードが利用できる自治体は7割を超えます。

ワンストップで、返礼品を選んでそのままサイト内で申し込みが完結できる点は、利便性が高いです。

 

 

豊富な商品数

ふるさとチョイスには、毎年15万点以上の返礼品が掲載されています。

1788ある自治体すべてを掲載しているだけでなく、ふるさとチョイス限定の返礼品も多数掲載されていますので、

掲載数は他の追随を許しません。

また、特におすすめなのが限定品の、ふるさとチョイスです。

5,000以上もの限定品が掲載されていて、限定品なので他のサイトには掲載されていないものです。

 

コンビニでも対応可能

決済手段はクレジットカード払い、銀行振込、ゆうちょ銀行の振替だけではなく、

一部の自治体では、銀行振込、Pay-easy決済、ドコモケータイ払い、

auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Amazon Payにも対応しています。

コンビニ払いにも対応していて、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート

スリーエフ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、サークルKサンクスなど、数多くのコンビニで

対応してもらえるので、より短に感じることができます。

ポイントも

ふるさとチョイスにはマイページ上でポイントの管理ができる「ふるさとチョイス公式ポイント制」という

システムがあります。

ポイント制を採用している自治体にふるさと納税を実施すると、寄附金額に応じたポイントが付与され、

お礼の品と交換が可能です。

ポイントには有効期限がある場合がありますが、期限内であればいつでもお礼の品と交換することができます。

 

ふるさとチョイスの魅力まとめ

ふるさとチョイスはなんと一昨年末時点で月間1億4400万PVを突破しており、大人気の

ふるさと納税です。

寄付金控除の仕組み、確定申告の流れなどのコンテンツもわかりやすく掲載されている為、人気がある

理由が伺えます。

ふるさとチョイスが素晴らしいのはラインナップだけではなく、クオリティも良好である点です。

他のふるさと納税サイトにはなく、ふるさとチョイス限定の返礼品があります。

お米では他サイトよりも同じ寄附金額で得られる量が5kgも多いケースもあり、たくさんの商材から

選ぶことができるのも、魅力の一つですね。

 

 

他のふるさと納税は

ふるぽ

ふるぽは大手旅行会社のJTBが運営しているふるさと納税サイトです。

ポイント制を採用しており、まず寄附でポイントを戴き、それからポイントを返礼品に交換する

仕組みとなっています。

ポイントは有効期限が設定されている自治体もあります。1ポイントの価値(何円か)は自治体によって異なり、

還元率の比較がやや分かりづらい点がデメリットです。

 

さとふる

市場調査会社インテージ(東証一部上場企業)が実施したアンケートでは、最も認知されているサイトと

なっています。

調査対象は20歳~69歳の男女2,000人であり、日本の人口構成比(性別、年代、居住地)に合わせて、

ウエイトバック集計を行っています。

 

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税はその名の通り、大手インターネット企業である楽天株式会社が運営している

ふるさと納税サイトです。

楽天ふるさと納税のメリットは、最低でも1%の楽天スーパーポイントが付与されることです。

ただでさえふるさと納税で特産品を戴けて嬉しいのに、ポイントまでつくのは最高ですね!

 

ふるなび

ふるなびは、東証マザーズ上場企業である株式会社アイモバイルが運営しています。

ふるさと納税ポータルサイトとしては老舗であり、大手ふるさと納税サイトの一角を占めています。

ふるさとチョイスにはないエッジ・優位性は、家電製品や金券類が豊富に掲載されている点です。

 

 さとふるふるさとチョイスふるぽふるナビ楽天ふるさと納税
掲載自治体契約自治体のみ全国を網羅契約自治体のみ契約自治体のみ契約自治体のみ
クレジットカードほぼ全て利用可能自治体により利用可ほぼ全て利用可能ほぼ全て利用可能全て利用可能
スマホ利用可能可能可能可能可能
会員機能ありありありありあり
レビュー充実しているありありあり充実している